みりおんがジュリエットに♪「プリンセス・ア・ラ・モード」

今月はみりおん特集です。

ご覧になった方、みりおんの「プリンセス・ア・ラ・モード」可愛かった!!ですよね?

スポンサーリンク

憧れのヒロイン

みりおんが選んだヒロインは、『ロミオとジュリエット』のジュリエット。

大人っぽく、力強い意思を持った女性を演じることが多かったというみりおん。この企画以降の舞台でも王妃が続きました。

見た目は可憐で元気な印象のみりおんも、舞台ではしっかりしたイメージなので、重い役も多かったと思います。

「純真で無垢なジュリエットを表現したい」一緒に作る写真家は、MURA氏。伶美うららさん、星風まどかさんの「プリンセス・ア・ラ・モード」でもカメラをまわしていらっしゃいました。

撮影

もう、タカラジェンヌでなくとも憧れるジュリエット。どんな衣装かと思えば…

生成りのロングドレス!

ステージ・スタジオにも衣装があります仮面舞踏会のミニドレスなんですよね。ジュリエットは10代だからそれが一番らしいのですが、みりおんの撮影は大人っぽくも純真さがありました!とってもかわいい~。ナチュラルな二十歳くらいのジュリエットって感じです。

選ぶお衣裳のお姉さんもかっこいいのです。

メイクは、つけまつげは使わなかったと思います。自然なブラウンとアイラインで。

髪型がすごいんです!コテアイロンを2台同時に使って波を作ります。一つの毛束に2台のアイロンでギュギュっと型どりしウェーブを作ります。これたぶん、一人じゃきません。

上記の写真の髪型ができあがります。

撮影場所もクラシカルならせん階段のお部屋とシャンデリア。まるでジュリエットのお屋敷です。都内にこのようなスタジオあるのですね~。

スポンサーリンク

まとめ

今週末で宝塚を卒業してしまうみりおん。華奢な容姿と明るく快活な滑舌でキュートで感じのいいトップ娘役でした。キュートなオフとは反面、舞台では芯のある女性、王妃や王女など苦悩の人を演じることも多かったです。

もし、退団後、どこかの舞台でお目にかかれたら、「キューティ・ブロンド」のエルのような思いっきりかわいいヒロインでコメディなどが観たいです♪

ブログ村

お読みいただきありがとうございます♪
↓ポチッといただけると励みになります♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク