雪組「ドン・ジュアン」配役決定、評判は?

PPO_akaibaratowain_TP_V

「ドン・ジュアン」の配役が決定しました。ヒロインが気になっていましたが、彩みちるさんになりました。前回の記事 です。しかし、エルヴィラというのはドンジュアンの妻エルヴィールのことだと思いますので、有沙瞳さんが妻役だとすると、Wヒロインでいくのでしょうか。また、エルヴィラの兄がドン・カルロに彩風咲奈さん。妹思いで、ちょっと血の気の多い兄ちゃんを熱く演じてくれますでしょう。望海さん(だいもん)と激しくぶつかり合う場面もあるかもしれませんね。以前の記事です。

スポンサーリンク

キャスト

下記公式HPより抜粋。

主な配役
ドン・ジュアン 望海 風斗
マリア 彩 みちる
ドン・カルロ 彩風 咲奈
ドン・ルイ 英真 なおき
イザベル 美穂 圭子
騎士団長/亡霊 香綾 しずる
ラファエル 永久輝 せあ
エルヴィラ 有沙 瞳

あらすじ

数多の女達を魅了するセクシーなプレー・ボーイ、ドン・ジュアン。ある晩、いつもの如く女との愛を愉しんでいたドン・ジュアンは、女の父である騎士団長の怒りに触れ、決闘に至る。闘いの果て、ドン・ジュアンは勝利を収めるが、騎士団長は「いつか、『愛』がお前への罰になるだろう」という言葉を遺し、事切れる・・・やがて遺された言葉は呪いのように亡霊の姿を得て、ドン・ジュアンに付きまとうようになる。
事件の後、そんな呪いの言葉も恐れる事無く、ドン・ジュアンは変わらずに快楽を貪り続ける。しかしそんな日々の中、運命に導かれるように、かつてドン・ジュアンが殺した騎士団長の石像を作る彫刻家の娘、マリアと巡り会う。

(公式HPより一部抜粋)

スポンサーリンク

プレイボーイの方々

プレイボーイというと、私がまず思い浮かぶのが光源氏、ジャコモ・カサノヴァです。実在するか否は別として、この二人に共通するのは、同時に複数とつきあえるということです。

器用なんですね。ちょっと素敵と思う女性に、すぐ口説いていい仲になってしまう。そのとき、そのときで真剣に愛することができるから、後から女性の恨みを買わないのです。都合のいい女になっても、自分といる時は最大限愛してくれる。だから許してしまうのです。

情熱的に口説いて恋をして、恋が終わったとしても見捨てません。

光源氏なんて、少し飛躍かもしれませんが、記念受験したい(遊びでもいいから一夜を共にしたい)女性達がいたのですから。

ドン・ジュアンはすぐ口説いていますが、同時はできません。情熱的に口説きますが、「理想」の女性でなくなった瞬間、次の恋に行きます。ずっと面倒みれません。女性からしたら、冷たいと感じますね。

同じくプレイボーイでありながら、なんとなく許せる人、許したくない人に分かれるのですが、この公演は「ドン・ジュアン」です。

ひどいやつをどのように、理想の恋を求めるイケメンにするのでしょうか。楽しみです。

個人的には、光源氏タイプの方が好きです。

ブログ村

お読みいただきありがとうございます♪
↓ポチッといただけると励みになります♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク