ガラスの仮面 新橋演舞場 評判 一路真輝、貫地谷しほり

160428_garasu

「花とゆめ」連載40周年を迎えた、女優を志す北島マヤの物語『ガラスの仮面』。2016年秋にも再び舞台化されることが決定しました。キャストは、2014年に青山劇場で行われた舞台と同じです。

スポンサーリンク

キャスト

マヤ:貫地谷しほり

亜弓:マイコ

桜小路優:浜中文一(関西ジャニーズJr.)

真澄:小西遼生

水城冴子:東風万智子

月影:一路真輝

日程、会場

9月1日(木)~9月11日(日)大阪松竹座

9月16日(金)~9月26日(月)新橋演舞場

新橋演舞場料金(税込)】

 桟敷席 11,800円
1等席 10,800円
2等席 8,000円
3階A席 6,000円
3階B席 3,000円

大阪松竹座料金(税込)】

1等席10,800円(1、2F)
2等席6,500円(3F)

あらすじ

かつて、舞台「紅天女」で主役を演じた大女優・月影千草が、貧しい少女・北島マヤと出会い、マヤの女優としての才能を見初めるところから物語は始まる。もうひとりの主人公にあたるライバル・姫川亜弓との戦い、大都芸能社長・速水真澄との恋模様などを展開

スポンサーリンク

評判

TVアニメ化された『ガラスの仮面』ですが、ファンでなくともTVドラマ版は知っているかもしれません。

マヤに安達祐実、月影に野際陽子、真澄に田辺誠一、亜弓に松本恵(現:松本莉緒)を迎えた同ドラマは、翌1998年に続編が作られるほど人気を呼びました。

この再演にあたり、漫画のファンは、どのあたり(エピソード)をやるのか?気になる、前回とてもよかったので、再演がうれしい、また、大阪で上演するのもうれしい、との期待があるようです。

関西ジャニーズjrの浜中文一さんが出演されるのも人気の一つであるようです。

まとめ

私もしっかり漫画を読んだことはないのですが、親戚の家で「ガラスの仮面」漫画本をパラパラ読んだ記憶があります。確か短時間でハマっていたような…

漫画の絵も好きでした。ベルばらを描いた池田理代子先生みたいなタッチで、可愛かったです。’紫のバラの人’(真澄)に憧れていました。宝塚みたいですよね、ヒロイン、マヤの楽屋?バラを置いていく人、キザだわ~と思っていました。しかも紫色のバラ。売ってるの?

舞台でもバラが登場すると思います。舞台ならプリザーブドフラワーでしょうか。

元雪組トップスター一路真輝さんが、月影先生役。先生は顔に傷があるんですよね、それを隠すために髪を下しています。

配役もさることながら、ストーリー自体の面白さが舞台化再演につながっています。

ガラスの仮面 49 (花とゆめCOMICS)

ガラスの仮面 コミック 1-49巻 セット (花とゆめCOMICS)

ブログ村

お読みいただきありがとうございます♪
↓ポチッといただけると励みになります♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク