デュエットが最高♪♪宙組「VIVA!FESTA!」 感想

今日でみりおんが卒業してしまいました。ショーのこと、最後にまだ書いておりませんでした!印象に残っているところをピックアップさせていただきます!

スポンサーリンク

感想

一番このショーで印象的だったのが、フィナーレのデュエット「グレイテスト・ラブ・オブ・オール」ホイットニーヒューストンの曲です。

この世で、最も素晴らしい愛)で踊るトップ二人です。

まー様と2年間という短いコンビですが、このデュエットに凝縮された感謝とか喜びを感じました。

以前から私はこの曲が好きでした。

If I fail, if I succeed
失敗しても、成功しても
At least I’ll live as I believe
せめて、私は、自分が信じるように、生きるのよ
No matter what they take from me
たとえどんな物を、私から取り上げようと
They can’t take away my dignity
私の尊厳までは、奪えやしない
Because the greatest love of all
Is happening to me
なぜなら、この世の中で、最も素晴らしい愛は、
私の身に、湧き起こってるから・・・

もっとも大きな愛を求めるのではなくて・・・
この世で、最も素晴らしい愛は、自分の中に見出せる

みりおんの卒業に向けた応援歌だったのでなないでしょうか。

第1章 Dancing Colors

鮮やかな衣装です。月組「カルーセル輪舞曲」のサンバ衣装より上品な印象でした。ゴージャスな中に統一感がありました。ここでの真風さんが貫禄ありで素敵でした!

ここでいきなり客席降りありまして!ちょうど1階端通路側にいたので下級生さん達とハイタッチしていただきました~♡みなさん、いい香り♡

第2章 ヴァルプルギスの夜

魔法使いの男役さん達がトートダンサーに似てました♪話がわかりやすくて面白かったです。スッシー組長の魔女の女王さすがでした!

第3章 エン・シエロ

闘牛と若者の牛追い祭り。マタドールとは違う初めて観る演出でした。りくさんの牛ばかり観てしまうほど、鬼気迫っていましたね。

他にも牛役にばかり目が行ってしまいました。かけるくんの牛役が目が野獣になってました。

若者では澄輝さんが赤の衣装が男らしくて素敵でした!

第4章 Be Mine

イケメン達に韓流さながら歌ってもらって、萌える場面でした♡この手の場面は好きです。

第5章 YOSAKOIソーラン

どっこいしょー、どっこいしょーの場面です。こんなに格好いいと知りませんでした!特に娘役が珍しいのでかっこよく感じました。

端の通路には降りがなかったのが残念でした~。宙組はまー様がトップになってから、イメージ変わりました。ゆうひさんの時代とか絶対こういうショーなかったですよね。

第6章 誇りと野心の大地

誇りの男女、野心の男女の配役がイメージ通りでした。

トップ二人は正統派誇り、他に誇りの男女に、組長、澄輝さん、愛ちゃん、桜木さん、美風さん、瀬戸花さん、遙羽さん等。

野心の男女に真風さん、うららさん、まどかちゃん等。

ぴったりでした。

スポンサーリンク

第7章 フィナーレ

澄輝さん、ずんちゃんの衣装は花組蘭寿さんと壮さんがフィナーレで着ておられたものですよね?これ、東京の郵便局に展示してあったので、よく覚えてます。グラデーションがきれいです。

みりおんを男役さん達が囲むナンバーも、トップ娘役ならではの華やかさでした。紫の衣装がノーブルです。

M字フォーメーションの黒燕尾。どの組の燕尾も素晴らしいですが、まー様のスタイルのよさ、映える瞳、キレのダンス、今本当に円熟期なんだなあと思います。まだまだこの燕尾姿を2作くらい観たいです。

そして…冒頭の感動のデュエット。幸せを分けてもらったようで、本当に温かい気持ちでした。このデュエットは忘れません。

みりおん、感動をありがとうございます♡♡

ブログ村

お読みいただきありがとうございます♪
↓ポチッといただけると励みになります♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク