OG花總まりさん 9年ぶりカルメン役 ホセ役は松下優也

轟理事と並んで不老のこの方、お花様(花總まりさん)。いつまでもいつまでも美しいです。いったい何を召し上がっているのでしょう。

むしろ、あまりお食べにならないのか?とにかく世の常識を超えてキレイを維持していらっしゃいます。ひとかけらでも見習いたい…

また、とても健康的ですね。体型が安定してらっしゃるのが健康的です。

お花様は今では、もはや「エリザベート」女優。東宝のエリザベートも私は一路真輝さんで初めて観ましたが、今はお花様の時代なんでしょう。東宝でのお花様は凛として声が澄んでいる。演技に体幹を感じる芯があると思います。

さて、お花様は2018年3月より、梅芸でカルメンを演じます。

スポンサーリンク

「ROMALE~ロマを生き抜いた女カルメン~」

日程、会場

2018年3月23日~4月8日

東京芸術劇場プレイハウス(池袋)

2018年4月11日~21日

梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ

スポンサーリンク

まとめ

宝塚時代のカルメン⇈

相手役ドン・ホセ役には、新進若手俳優の松下優也さんです。ドン・ホセというのは、女に惑わされた嫉妬深い若者というイメージですが、まあ私もそのように思っていましたが、そこを演出で、良い風にも悪にもどのようにも作れますね。

カルメンが本当に欲していたのはホセの熱愛だった、とか、ホセを試していたとか。

宝塚時代にも「激情―ホセとカルメン―」でカルメンを演じて以来、19年ぶりとなるカルメン役に花總さんは、わくわくしているそうです。

約20年ぶりに巡り会った同役をさらに大人になり、どのように深めていくか楽しみです。爽やかでありつつ、色香が漂うお花様、やはり、ひとかけらの何かを学びたいです。
 

ブログ村

お読みいただきありがとうございます♪
↓ポチッといただけると励みになります♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク