何度観てもいい♡ 燃ゆる風 竹中半兵衛 感想

今年のお正月公演「燃ゆる風 軍師竹中半兵衛」が、早速スカイステージで放映されていました。どうしても観たい公演だったので、うれしかったです~。バウは客席数も少ないし、見れなかった方多かったのでは?

遠征して観る価値のある作品でした。

映像ですが、もう感動し、続けて2回も観てしまいました。いいお話でした~。舞台も客席降りをして、物語を膨らませていました。

みんなハマり役で役に生きていますね。

テーマ「命の使いみち」が胸に響きました!!

スポンサーリンク

感想

これは!!特に気になった役の感想を記載させていただきます。

竹中半兵衛(七海ひろき)

半兵衛についてそれほど知識はありませんでしたが、かいちゃんの半兵衛を観て、ああこれは七海さんだからできたのね。と思いました。

かいちゃんの持ち味、冷静なクールなイメージと反面優しさが半兵衛そのものな気がしました。一時の感情で動かされない。そして、終わりがあるからこそ、今を燃えて生きる熱さ。

私自身、もっと真剣に生きなければと思いなおしました。

いねを抱きしめる手や笑顔が優しくてカッコよくて…侍頭、似合いますね。ただただかっこいい。こんなにかいちゃんが日本物が似合うなんて。かいちゃんの日本物最っ高!!♡

いね(真彩希帆)

器量よしと色んな人に言われますが、本当に可愛いです。美男美女の夫婦です。まあやちゃん日本物合いますね。学年の割に落ち着いてるので、観ていてとても好感もてます。

木下藤吉郎(悠真倫)

この方なくしてこのお話が成り立ちません。半兵衛が命をかけてもいいと思うほどの人物で、どんくさいけど人間味がある。こういう人、現代でもいい上司と呼ぶのでしょう。さすが専科さんです。まりんさん最高でした。まりんさんの演技は温かいですね。

三郎太(天華えま)

まずぴーすけ君で泣きました。戦国時代にはありそうな犠牲です。そこに信頼や命の尊さがあります。

こういう人たちに支えられた半兵衛は、考えもとがっていくのでしょう。ぴーすけ君は芝居心がありますね。大物を感じます。

ぴーすけ君の前後の期はたくさん男役がいますが、ちょっと抜けたかなという感じました。芝居が熱いので好きです。

濃姫(音波みのり)

戦国一怖い武将の妻だから濃姫もカリスマな存在です。信長も一目置いてるようですし。はるこさんは、赤い着物が高価そうで高貴です。

いねと対面し、娘だとわかった瞬間の感情豊かな表情、本当に涙を流しています。ちえさんの星組時代は、ういういしい可愛い娘役だったのに、いつの間に、いい女になったのでしょう。

艶やかな女役をまだまだ観たいです。

織田信長(麻央佑希)

麻央さんの信長迫力あり!やっぱり仁王像のようないつも怒っているのが信長なので、光秀を殴ったりするあたりや、荒木村重を使い捨てにする発言は冷酷さがにじみ出てました。

ゆったりした麻央さんのイメージを覆してました!殻を破りました。

スポンサーリンク

まとめ

千秋楽の映像なので、「椿を見たら竹中半兵衛を思い出してください!」との言葉に、

「もちろん!!」

と言いたくなりました。

かいちゃん初主演の喜びもあり、「(ひとりひとりみんなを)抱きしめたい!」のコメントにもずきゅーん♡でした。

ナマで観られた方、うらやましいです。

この映像は保存です。

他のスターもいるので主演は、またすぐには難しいと思いますが、かいちゃんのディナーショーを期待してます!!