目で楽しむ 仮面のロマネスク

14110857verusaiyu2-thumb-autox1500-18933

2016年宝塚歌劇公演ラインアップ、9月花組全国ツアー日程が決まりました。明日海りお・花乃まりあコンビの演目は「仮面のロマネスク」です。観たいです~!!!

スポンサーリンク

仮面のロマネスク

今回上演するのは「仮面のロマネスク」、宝塚では再再演です。初演は1997年雪組、高嶺ふぶき・花總まり主演でした。再演は2012年宙組、大空祐飛・野々すみ花コンビでした。

高嶺さんは私の少女時代のスターさんで当時、きれいだなあと思っていました。大空祐飛さん(ゆうひさん)が再演されると知り、ノーブルな雰囲気が共通していると思います。簡単にあらすじをご紹介します。

スポンサーリンク

あらすじ

 パリ。ナポレオン没落後、大革命で処刑されたルイ16世の弟、シャ ルル10世が王政を復活させていた。貴族たちは社会の変動におびえながらもし ばしの安逸をむさぼっていた。

 社交界の貴公子、ヴァルモン子爵。家は没落していたが、その才能と美貌で宮廷での復権を果たしていた。
 彼は女性遍歴を重ねながら、以前の恋人メルトゥイユ侯爵夫人を忘れられなかった。二人は互いに相手を束縛できないことに気づいてそれぞれの道を歩んでいた。
 ある夜会でヴァルモンは貞淑の誉れ高い貴婦人トゥールベル法院長夫人に出会い、 言い寄る。

 一方メルトゥイユはかつて自分を裏切ったジェルクール伯爵が従妹のセシルと婚約したことを知り、彼に復讐するためヴァルモンにセシルを誘惑するように持ちかけ、「成功したらご褒美に私をあげる」とヴァルモンに言う。トゥールベルに執着しているヴァルモンが断っている隙にセシルは男爵ダンスニーと熱烈に愛し合う。
 

 メルトゥイユは、ヴァルモンがセシルを誘惑しやすいお膳立てをする。彼女の予想どおりヴァルモンはセシルを手に入れ、一方でトゥールベル夫人も落としていた。
 数日後に催された仮面舞踏会でトゥールベル夫人はヴァルモンがメルトゥイユと楽しげに踊り、笑い合うのを見て驚愕とする。男女の心の葛藤が果てしなく続いていく…。

配役

主な配役
  1997年雪組 2012年宙組
(中日)
ヴァルモン子爵 高嶺ふぶき 大空祐飛
メルトゥイユ侯爵夫人 花總まり 野々すみ花
ダンスニー男爵 轟悠 北翔海莉
トゥールベル法院長夫人 星奈優里 藤咲えり
セシル・ヴォランジュ侯爵令嬢 貴咲美里 すみれ乃麗
ジェルクール伯爵 和央ようか 悠未ひろ

(出典ウィキペディアより)

初演・再演の配役は上記のとおりです。さて、2016年花組公演はどんな配役になりますでしょうか。メルトゥイユとトゥールベルはどちらも人妻ですが、違いがはっきり出せるといいですね。発表が楽しみです。

下記は宙組バージョンです。

『仮面のロマネスク』『Apasionado! ! II』 [DVD]

ブログ村

お読みいただきありがとうございます♪
↓ポチッといただけると励みになります♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク