「ME AND MY GIRL」 感想 明日海りお

IMG_1367

ME AND MY GIRL観劇してきました~!

いつ観ても何度観てもいいお話ですね!今回はBパターン(貸切公演)でした。

感動のME AND MY GIRL体験を!
宝塚のME AND MY GIRLについて宝塚月組で約30年前に初演し、初演時は剣幸さん、こだま愛さん主演でした。剣&こだまペアは映像でサヨ...

『ME AND MY GIRL』 東京公演開幕、感想

スポンサーリンク

感想 Bパターン

ビル(明日海りお)

登場からかっこよすぎです。ある程度できあがっている紳士なビルですね。下町ッ子らしさはあまり感じませんでした。明日海さんの持ち味が貴族的で品がよいので、もっと思い切って”江戸っ子”的な粋の良さな感じでも、後に紳士になっていくのが、わかりやすいかもしれません。

最初から王子的なビルでした。

サリー(花乃まりあ)

なんだか想像以上に迫力あるサリーでした。今更ですが、かのちゃんは演技力があると思います。台詞もはっきりして聞きやすいし、特にサリーは性格がきっぱりしてるので、決めた事に対して筋を通す演技はうまかったです。かのちゃんの持ち味と合っている気がします。

外見は桜乃彩音さんっぽい感じでした。お二人とも美人のサリーです。かのちゃん歌も良い感じでした。ミリオさんとのデュエットも美しかったです。良い並びですよね、このトップコンビ。

マリア公爵夫人(仙名彩世)

今回特筆すべきは仙名さんです!もう、仙名さんのファンになってます~!!キレイで、歴代で一番若い公爵夫人ですが、あまり動かず、しっとりした落ち着いた演技と、声を低くして台詞を言うのが新鮮でした。ジャッキーをやってもいいくらいの学年なのに、専科の方がやっていた役を演じるのですから、年齢を出すのが難しかったと思います。

ジョン卿が今までより若帰ってる感じでしたので、ちょうどよいカップルには見えました。

マリア公爵夫人のパーティのドレス、一番キレイです!フィナーレはジョン卿とデュエットしていました。

以前のミーマイ公演までは、ジョン卿とジャッキーという組み合わせでしたので、これまた新鮮!

ジョン卿(瀬戸かずや)

背も高く、紳士的で外見がダンディですね~。ジョン卿って結構年配なイメージですが、近年は壮一帆さんが演じられたり、若いジョン卿もいいですね。瀬戸さんのヒゲお似合いです!

ただ、それは宝塚ファンだから、誰が誰とわかるのであって、私と一緒に観劇した家族はビルとジョン卿とジェラルドが同じに見えたようです。

宝塚ファンは優しいから、大目に見てますが欲を言えば、主要キャストはもう少し雰囲気的にハッキリ違っていてもいいのかもしれません。

ジェラルド(芹香斗亜)

外見がもっとボンボン風でも良いと思いました。作品として型が決まっているのでしょうが、今一歩工夫がほしかったです。というか、型決まりの作品であれば、一番ジェラルドを忠実に演じた方をなぞってもよかったと思います。例えば愛音羽麗さんのジェラルドはセンターパーツでいかにも働いたことがなくて、甘ったれで、みたいな感じが良く出ていました。

ジャッキー(鳳月杏)

女役は初めて観ましたが、素敵でした!スタイルもよくてオープニングのピンクの衣装で男性を虜にする場面は軽やかでコケティッシュで魅力的でした。

ガウンでビルを誘惑する場面も怒ったところがインパクトあり、うまかったです。

たまたま名前が同じですが、ケネディ夫人のジャクリーンに雰囲気が似ていました。

フィナーレは男役に戻ってダンスナンバーを踊るのが、新鮮でした!

パーチェスター(柚香光)

だいぶイケメンのパーチェスターです。由緒あるお屋敷の弁護士なのだから、年配の弁護士という設定でもよさそうなのに、イケメンで若手の等身大弁護士でした。

この役も専科の方が演じられることが多く、味があり難しかったと思います。

一流の弁護士らしさと、マリア夫人には言われるがままの面白い感じを出すのが難しいところだと思います。

一族ではないけど、使用人でもない。どちらかというと使用人に近いので、ヘザーセットとキャラがかぶらないようにしなといけません。

スポンサーリンク

まとめ

今回の公演はすべてのキャストが花組生で演じられています。主要キャストを含め、組子にチャンスが与えられいます。ミーアンドマイガールを好きなファンも多く、見終わった後、ハッピーになるので、本当に素敵な作品だと思います。

花組ミーアンドマイガールも発売が決定しています。

花組宝塚大劇場公演 UCCミュージカル『ME AND MY GIRL』 [Blu-ray]

ブログ村

お読みいただきありがとうございます♪
↓ポチッといただけると励みになります♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク