人気ドラマの映画化!信長協奏曲(コンツェルト) 

IMG_1237 (1)

スポンサーリンク

信長協奏曲を観て

映画信長協奏曲(コンツェルト)を観ました。漫画もドラマも観ていませんが、以前ビストロSMAPで小栗旬さんが宣伝をしていて、妙に気になりました。続編らしく話、わかるかな~と不安でしたが、なんのなんの。とても面白かったです。今回、映画版はドラマと同一キャストだそうです。ドラマファンだった方なら映画も満足いただけたのでしょうか。

映画の展開も早いですね。

映画版あらすじ

高校生の男子(サブロー)が戦国時代にタイムスリップしてしまい、自分と同じ顔の織田信長に出会う。信長は体が弱く、自分と入れ替わって「信長」として生きてほしいと頼みます。サブローは困惑しながらも、浅井、朝倉、武田家を破り、楽市・楽座を推し進めたり内外で天下統一を目指す。豪華な安土城もつくり、サブローの意志ではないかもしれないが、歴史通りの天下統一の覇業を成し遂げる。サブローと同じく現代からタイムスリップしてきて松永久秀は信長の正体を知っている。松永は現代ではヤクザをしているらしい。織田家臣達はみんな曲者ぞろいだが、信長(サブロー)はそんなみんなをまとめる太陽のような存在のようだ。。。

スポンサーリンク

感想

教科書の史実を曲げずに、なんだかかんだ歴史通りになっています。解釈が大胆で、まさかこの人が信長をこう思っていたなんて、、というストーリーが面白かったです。実際の戦国時代も目まぐるしく状況がコロコロ変わっていたのかな、と思いました。信長って歴史上は殺しまくる武将ですが、平和を目指していたのかも、、、それから、戦国時代の女性は切ないですね。夫を戦場に送りだすときも笑顔で「いってらっしゃい」と言って安心させる。特に信長のようなカリスマ武将の妻ならば、家臣の目もあるし、心では泣いて言葉では明るく振る舞って、けなげでした。柴崎コウさんが着物も似合い、信長の妻を切なく、強く演じていました。平和でありたいを目指したサブロー信長が、筋が通っていて、さわやかに感動しました。主題歌のミスチル「足音」もいい曲でした。

ブログ村

お読みいただきありがとうございます♪
↓ポチッといただけると励みになります♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク