サウンドオブミュージック~劇団四季 ドレミの歌

IMG_1213

スポンサーリンク

サウンドオブミュージックを観て

去年に引き続き2回目のサンウドオブミュージックを観ました。

今週1月31日で千秋楽を迎えます。土曜の夜公演でしたが、1階は満席です。2階もきっと埋まっていそうです。拍手が上からすごいです。みなさんも慣れているようで何度目かもしれません。笑いのタイミングとかわかってらっしゃいます。

この日のキャストは

マリア 江畑晶慧
トラップ大佐 深水彰彦
修道院長 秋山知子
エルザ 八重沢真美
マックス 勅使瓦武志
シュミット 大橋伸予
フランツ 川地啓友
シスター・ベルテ 久居史子
シスター・マルガレッタ 奥平光紀
シスター・ソフィア 土居愛実
ロルフ 小林清孝

先月もマリアは江畑さんでした。江畑さん、笑顔がとてもキュートでぽっちゃりしたところが可愛いです。明るくて、いるだけで楽しそうな雰囲気はマリアにぴったりです。

トラップ大佐は役替わりで深水彰彦さん。始めて拝見する役者さんです。映画の大佐の面影に近い厳格な方です。歌う時は優しい声になり、マリアに心惹かれていく様子がおずおずとしています。

私が一番心に残るのは修道院長です。「すべての山に登れ」の歌も素晴らしいですが、あの貫禄、信念を貫く強さは、秋山知子さんが適任です。先月も同じ場面で泣きましたが、今回も胸にしみました。

スポンサーリンク

感想

「たとえ道は険しくとも、神は導きたまう」この歌詞が勇気とやる気、今の自分に力をくれます。すべての山になど登れるわけもないけれど、そういう気持ちで進めということでしょうか。「神の意志を見出すのです」のセリフにも感動しました。自分のやりたいことを探すのではなく、自分の使命を見つけ出す、このことに感銘を受けました。きっと誰もがあると思うからです。

トラップ家の子供たちは先月と変わらずほぼ同じ顔触れでした。

長女リーズルは、思春期の女の子の神経質な変化を好演し、長男フリードリヒは年齢はまもなく声変りだと思いますが、ソプラノをよく歌いこなしていました。

次男以下の男の子、女の子達は素直でかわいらしく好演しています。幼いからあまり特徴的でありませんが、ブリギッタ(女の子)はよく個性が出ています。

時代はナチス侵略された背景のオーストリアで不穏ですが、その中で音楽のすばらしさ、山々の神々しさ、家族の大切さ、愛、心のつながり、歌を通じてそれらが一層大切だと引き立ちます。

千秋楽まで、あと一週間!!頑張れ、マリア先生と子供たち!!

IMG_1212

↑上記は劇団四季カフェで一番好きなメニューです。アップルパイ。あっさりしてとてもおいしいですよ。秋・春劇場併設のカフェにて販売中です。ご賞味くださいね。

ブログ村

お読みいただきありがとうございます♪
↓ポチッといただけると励みになります♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク