アラジン 劇団四季

スポンサーリンク

アラジンを観て

 
 
2015年8月観劇しました。まだ初回です。これから何回観るだろう。
平日夜ですのに、二階まで満員です!
一言で申すなら、キラキラ。
ラメの衣装にビーズやレース。花火もカラーテープもスパークしてます。

ストーリーはご存知の方多いはずです。ディズニー映画もあります。とても素敵な映画ですね。身分違いの恋でも楽しくて、ヒロインも明るくて現代的ですよね。ジャスミン、ってとても可愛い名前で好きです。
悪役ジャファーも筋は通っている。やりたいことを目指しているだけで、悪いってほどではない気がします。パワーがほしい!!と誰でも願いますよね。
 
 
 
 
スポンサーリンク

感想

 
舞台ならではの視覚に音感にキラキラが残ります。
本当にキラキラなのは、アラジンやジーニーの内面です。

人を思いやる、譲る、誠実である、それを持ち合わせた時、みんな輝きますね。
本当にきれいに見えます。「僕を信じて」と手を差し出したアラジンの瞳は輝いています。
自分を省みて、しばし内面的輝きが足りてない!自分に厳しくはしたくないけど、あと少し気を遣えたらです。

そして、アラジンって決してかっこいいヒーローではないけど、持論をもってますね。
そういうところが、素敵で友情も恋も引き寄せるのかと思います。舞台だと、その役人物の持ち味がよく表現されますから、映画より心情が伝わりやすいです。

とびきり明るいジーニーがやっぱり主役!大好きです!ジーニーの歌う「フレンド・ライク・ミー」聞いたことあると思います。これ、エンターテイナーの究極ですね。

楽しさいっぱいの劇団四季アラジン、まだまだ東京にいてくれそうです!!
ブログ村

お読みいただきありがとうございます♪
↓ポチッといただけると励みになります♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク