黄金伝説 国立西洋美術館

スポンサーリンク

国立西洋美術館(上野)の黄金伝説を見る

 
ここは金曜日は夜20:00まで開館している。「地中海の秘宝」という言葉に惹かれて来てしまった。
私は、わからないながらも絵画を見るのが好きだ。まず、金毛の羊の絵に驚いた。羊を殺し金毛を手にする男性。紀元前460
年~450年頃のようだが、金色とはなんと不思議で魅入られてしまう色合いなんだろう。
それだけで勝者のような。
 
 
 
 
 
スポンサーリンク

感想

 
展示はほとんどが、首飾り、冠、指輪、腕輪、などのアクセサリーである。
金のアクセサリーは何千年経ってもなぜこのように輝いているのか。人が何度生まれ変わっても、金は永遠に輝いているとも思えるほど、今実際触れてもきれいなほどだ。

装飾が細かい。
ツタや葡萄を形どったもの、蛇をモチーフにしたもの、スフィンクスや牛、鹿など動物、女神を形どったもの。
一つ一つが興味深く、繊細でこのような装飾品を身につけることができる権力を伺える。


アクセサリー品が多く、とても美しく興味深い。
首飾りや指輪がきれい。今、つけても映えるようだ。金色や金の装飾に惹かれてしまうのは私だけではないのであろう。
ブログ村

お読みいただきありがとうございます♪
↓ポチッといただけると励みになります♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク