これは観たい!!柚希礼音さんのしなやかなダンス!!『マタ・ハリ』日本初上陸

韓国ミュージカル『マタ・ハリ』が日本初上陸します!

主演は柚希礼音さん!!

神秘的なダンサー、そしてフランスのスパイ “マタ・ハリ”に挑みます。

マタ・ハリの運命を変える二人の男性、フランス諜報局の大佐 ラドゥとその部下アルマンを、加藤和樹さんとWキャストには佐藤隆紀(ル ヴェルヴェッツ)さん、アルマン役に東啓介さん。

個人的には…

佐藤隆紀さん(通称シュガーちゃん)が観たい!!すごうま。今年は特にシュガーちゃんの活躍を観る機会が多いです。

マタ・ハリの友人役にアンナに和音美桜さん、ドイツの高等将校 ヴォン・ビッシングを福井晶一さんが演じます。

作曲は、あのフランク・ワイルドホーンさんです。

いやあ、これは観たい!!

スポンサーリンク

日程、会場

梅田芸術劇場メインホール

2018年1月22日(月)~1月28日(日)

東京国際フォーラム ホールC

2018年2月3日(土)~2018年2月18日

キャスト

マタ・ハリ     柚希礼音

ラドゥ/アルマン  加藤和樹

ラドゥ       佐藤隆紀

アルマン      東啓介

アンナ       和音美桜

ヴォン・ビッシング 福井晶一

ストーリー

第一次世界大戦の暗雲たれこめるヨーロッパに美しいダンサーがいた。名は、マタ・ハリ。 彼女の人気はヨーロッパ中におよび、戦時下であっても国境を越えて活動する自由を、手にしていた。 その稀有な存在に目をつけたフランス諜報局のラドゥ大佐は、彼女にフランスのスパイになることを要求する。

同じ頃、彼女は、偶然の出来事から運命の恋人に出会う。戦闘パイロットのアルマンは、彼女の孤独な心を揺らし、二人は、ともに、美しい夜明けのパリを眺め、人生を語り合う。

一方ラドゥの執拗な要求は続き、一度だけスパイをつとめる決心をしたマタハリ…

スポンサーリンク

まとめ

ちえさんの魅惑のダンサー、観たいです!!イメージは薄布でセクシーに踊る感じですが!退団してもショートカットのちえさんですが、無理に長髪にしなくても、女性らしいです。

対する加藤和樹さん、佐藤隆紀さんは体格も男性らしいので、ちえさんがより美しく見えるのを期待してます。

優し気で面白いシュガーちゃんが、強面の戦時中の将校なんて!!それも見どころです。加藤さんは濃いですからね、お顔は(T_T)/~~~

   
柚希礼音さんは、

「この度、マタ・ハリ役を演じさせて頂くことになり、自分自身にとって、又大きな挑戦の機会を頂き、とても身の引き締まる思いです。」

との意気込みを語りました。