『幕末太陽傳』新人公演気になるキャスト 103期生初舞台はどんな感じ?

スポンサーリンク

103期生

103期のラインダンス、お稽古場で組子方から「おお~」って歓声があがっていました。流れるようなドミノ倒しと、アクロバットな印象でした。変わり種って感じです。

今年の初舞台生は上位者が娘役が多いですね。きれいな娘役さんばかりです。お稽古場に初舞台生がいるのは、組子さん達には新鮮でしょうね。

統制がとれていて、協調性のあるところだとKAZUMI-BOY先生もおっしゃいましたし、主席の方も”103期生も仲がいい”と言っておられるのだから、人間関係は大事です。芸に活かせますように。

『Dramatic “S”!』は様々な曲、スピーディな展開、雪組カラーがたくさん詰まったショーのようなので、サヨナラ公演だけど、ちぎちゃんらしく湿っぽくならないのかな~、雪組の“絆”を大切に、初舞台生もまとまった姿見せてほしいです。

こんなかわいい衣装なんですね↓

スポンサーリンク

『幕末太陽傳』新人公演

主要キャストの記事はこちら↓

ひとこさん集大成 「幕末太陽傳」新人公演キャスト
「幕末太陽傳」新人公演主要キャストが決まりました!永久輝せあさん、今回も主演おめでとうございます!雪組若手スターの中で圧倒的な美貌ですよ...

その他の気になってるキャストについて↓

女郎およし(星南 のぞみ )

雪組さんも若手有望な娘役がそろっています。その中でも、まあやちゃんと同期のりささん。ケイレブハントでは2番手娘役なレイラでかわいらしさ全開でした。女郎も華やかでしょう。女郎がたくさん出てくるので、どんな個性か楽しみです。

芸者豆奴、女郎おさだ(真彩 希帆)

トップ娘役に内定しているまあやちゃん。初の雪組公演です。星組公演の日本物が美しかったので、今回も期待してます。

だいもんさんとまあやちゃんの今後も、雪組は伝統的に日本物が多めに来るのでしょうか?

最後の新公となる今回は、芸者と女郎の二役です。芸者と女郎の違いは、芸者は芸は売るが体は売らない、と言われています。実際はそうなることもあったようですが、芸者さんはお座敷を盛り上げる役ですね。

女郎こはる(彩 みちる )

個人的に押している彩みちるちゃん!「るろうに剣心」明神弥彦の頃から、テンポ良い言葉の掛け合いがとてもスムーズで、場面をしっかり引っ張っている印象があるので、彩みちるさんは芝居心がある!と思います。

ケイレブハント本公演の空港職員も可愛かったし、新公では2番手娘役な役どころでしたし。

今回も目立つ役でうれしいです。女郎同士の喧嘩、見ものです!

女郎とお客にはルールがあって、お客は一度女郎と関係をもったら、その女郎だけしか買えないのです。次回目移りしても他の女郎を買えないのです。だから、お客を取り合うっていうことはないと思うのですが… 女郎方がどんなことで喧嘩をしていたか、興味があります。