狸御殿 感想 尾上松也 瀧本美織 コメディ

201607190006_ex

8月、世界はリオでオリンピックが盛り上がっていますが、東京では狸たちが宴を催しております!

この舞台、和製ミュージカルです。着物でミラーボールでドレスや羽衣装もあり豪華キャストで、ちょいちょい他のミュージカルのパロディもありでラブコメディです!!

いや~本当に楽しかった、おもしろかった。笑いっぱなしの3時間です。

演出は宮本亜門さん。20年前に「狸御殿」を演出し、今回再演です。なぜ、こんな楽しいミュージカルを20年もやらなかったの?絶対ウケるし、終わった後はみんなハッピーなのに!!

スポンサーリンク

あらすじ

登場人物はみんなタヌキです。人間に扮したタヌキたちです。

シンデレラです。+白雪姫風な…

和風シンデレラだから、落窪物語という感じかな。いじわるな継母タヌキと二人の姉。使用人扱いされているヒロインタヌキ(名前はキヌタ)。

狸御殿(お城)では本日、若様タヌキ主催のパーティが開かれています。二人の姉はきれいな着物でおめかしし、出かけます。

キヌタは留守番し、月を見ながら泣いています。悲しいことがあると、森深くの父タヌキの墓へ行き泣きながら寝入ってしまいます。

さて、若様タヌキは村中のタヌキ姫たちとの宴に飽き飽きして、疲れて森の中へ逃避します。そこでキヌタ姫と出会います。ボロ着物でも美しいキヌタ姫に一目惚れした若様。キヌタ姫も若を好きになります。

しかし鐘の音が聞こえ、姫は帰らなくてはなりません。その時ゾウリを落としてしまいます。

翌日、若がゾウリの持ち主を探して村中を探します。姫と再び会えて、幸せにお城で暮らしました若様です。めでたしめでたし…

ではないのです!

姫にはライバルがいて、キツネの姫です。キツネ姫は若タヌキの許嫁で、妖術を使い、キヌタ姫をおばあさんにしちゃいます。

この呪いを解くのは王子様の真実の愛しかない!
気づいて若様!!

キツネ姫と王子がチャンバラで戦い、最終的に若が勝って、愛が大事、愛がなけりゃ生きられない、めでたしめでたし、という話です。

スポンサーリンク

感想

若様(尾上松也)

見目麗しく、お城の王子様でした!着物もブルーでさわやか、運命の人を待ち続けているロミオみたいな若様でした!将来の殿様になること、自分の弱さを認識して悩みながら、恋に愛に向かっている。フレッシュな役作りでした。

キヌタ姫(瀧本美織)

ドラマでしか拝見したことありませんが、とても可憐で可愛らしかったです!!!キヌタ姫はシンデレラだから、初々しくけなげな雰囲気はよく出ていました。本当に可愛らしい姫です。綺麗な着物も愛らしかったです。歌もお上手でしたよ。

狸御殿の女王で若様の母(渡辺えり)

渡辺えりさん、狸御殿の女王で派手な衣装で、歌も上手くて、着物だけでなくスリットドレスと羽衣装で宝塚さながらの、ダンサーをバックに歌い踊るレビューありで、ドラマとは違う一面を見ました。
素敵!かっこいい!!歌うまです。女王として生きてきた苦悩もよくわかりました。

語り部、カッパ(柳家花緑)

人気落語家のさんも語り部と、途中からカッパ役で、楽しい〜。本当に話し方お上手なんですね。一度、落語聞いてみたいと思うほどカッコイイ話し方、粋でした。

親分タヌキ(赤井英和)

赤井さんの舞台も初めて拝見しました。テレビと同じように、ぶっきらぼうな役。でも実は女王と昔恋人だった過去があり、二部では素敵なシーンもあります。人情肌の親分です。

継母、姉たち(あめくみちこ、土屋佑壱、大地洋輔(ダイノジ)

いじわるな3人は一緒に出てコントみたいになっています。アドリブなのか、台本なのかわかならい軽妙なやりとり。姉たちを演じる二人は男性で、とてもコミカルでした。芸達者な方々が脇を固めています!

家老タヌキ(小倉久寛)

昔からいるような自然な演技で女王に仕える古タヌキ。芸達者でいると落ち着く存在です。

腰元タヌキ(青木さやか)

勝ち気な若様付きの腰元。色々若様を助けます。小倉さんと青木さんのいいコンビ!

日程・会場

2016年8月1日(月)~8月27日(土)

新橋演舞場にて上演中!!

後半全席チケットまだございます。

ぜひ一度いらしてくださいませ。昔上演したDVDもございます。

オペレッタ 狸御殿 デラックス版 [DVD]

初春狸御殿 [DVD]

ブログ村

お読みいただきありがとうございます♪
↓ポチッといただけると励みになります♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク