ウェストサイドストーリーが見逃せない!

img01-thumb-320xauto-14096-thumb-320xauto-16288

現在公演中の劇団四季ウェストサイドストーリーを観ました。圧倒的なダンスに魅了されました。(上記写真公式HPより抜粋)

5月8日(日)に東京公演千秋楽です!6月25日(土)~全国ツアーです。

スポンサーリンク

感想

劇団四季の身体能力は非常に高いです。男性の腹筋が割れていることもさることながら、女性達の腕廻りの筋肉がとても発達していて、日頃の鍛錬の成果ですね。

今回、だいぶ新しいメンバーになっています。特にトニー役小野田龍之介さんを私は初めて観劇しました。外人のようなお顔立ちで、ジェット団にはいない優しいトニーになっています。

珠玉のナンバー「マリア」「トゥナイト」は胸にしみます。バルコニーを見つめるトニー。トニーとマリアのデュエットが悲劇の中の清涼剤になります。

スポンサーリンク

貧困が背景

シャーク団女性達が歌う「アメリカ」は、貧困や不自由が背景の当時移民の方々の実態という感じです。アメリカンドリームをつかむためにアメリカへやってきた。でも現実は、給料も安いし、アメリカ人たちに差別され肩身の狭い思いをしている。このお話は「ロミオとジュリエット」を彷彿とさせるラブストーリーですが、社会問題も含まれていると思います。人種差別、格差、争い、それらをなくしていくことが何より大事です。このようなことで人が簡単に死ぬことがないような世界を作りたい、それが「ある場面」に象徴されていました。

皆が白い衣装で仲良く、人種の壁なく、手をつないでダンスしている場面です。このことが一番伝えたいことだったかもしれません。

友人リフのために敵ベルナルドを刺してしまったトニー。逆上してトニーを刺してしまうチノ。悲しみにくれるマリア。

やりきれない気持ちになりますが、同じ悲劇がどこかで起こっているとしたら、本当にこの負の連鎖は止めなければなりません。

しかしながら、やはり印象に残るのはトニーとマリアの愛です。人間は愛をみると、愛に触れると癒されるのですね。初めての気持ちに戸惑うマリアと、新しい扉を開けた喜びに満ちているトニーが、みずみずしく新鮮です。

前回の記事はこちら→前回の記事

映画版はこちら↓

ウエスト・サイド物語 [DVD]

キャスト

『ウェストサイド物語 東京』 (四季劇場[秋](浜松町))

【ジェット団】

リフ 松島勇気
トニー 小野田龍之介
アクション 岩崎晋也
A-ラブ 新庄真一
ベイビー・ジョーン 常川藍里
スノーボーイ 川村 英
ビッグ・ディール 大木智貴
ディーゼル 大森瑞樹
グラジェラ 相馬杏奈
ヴェルマ 原田美欧
クラリス 坂本すみれ
ポーリン 伊藤瑛里子
エニイ・ボディズ 馬場美根子
【シャーク団】

マリア 山本紗衣
アニタ 岡村美南
ロザリア 若奈まりえ
コンスェーロ 八木絵巳子
テレシタ 村上今日子
フランシスカ 岸田実保
エステラ 多田毬奈
ベルナルド 萩原隆匡
チノ 林 晃平
ぺぺ 川野 翔
インディオ 河津修一
アンクシャス 楢原じゅんや
ファノ 佐々木玲旺
ニブルス 畠山翔太
【大人たち】

ドック 荒井 孝
シュランク 志村 要
クラプキ 荒木 勝
グラッド・ハンド 吉賀陶馬ワイス

【ソプラノ・ソロ】
片山美唯

※とある日のキャストです。

ブログ村

お読みいただきありがとうございます♪
↓ポチッといただけると励みになります♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク