咲妃みゆさんミュージックサロンがないのは…!

ちぎさんゆうみさんが宝塚大劇場を卒業され、次なる公演は東京公演のみとなりました。

みなさん、お気づきだと思いますが、ディナーショーもミュージックサロンも開催されず、宝塚にとても貢献したお二人なのに、最後の公演が本公演のみとは、やっぱり寂しいです。

少し待ってミュージックサロン開催あるかな~と待っていました。ゆうみちゃんのは、あるでしょう!!と思ってました。

だいたい開催日は宝塚大劇場千秋楽と東京宝塚劇場初日までの間ですから、最初から決まっていたのでしょうか。

ならば、トップコンビでバウ公演かディナーショー、あってもいいのに!と思うのは私だけですか?

どんな基準か、まあその辺の組織の事情はわかりませんね。決まっていることは変わらない。

私はゆうみちゃんが好きでした!トップになる前から。というわけで、ゆうみちゃんの好きだった役を振り返ってみます。まだ東京公演おそめは観ていませんが、私は洋物の役が好みでした。

スポンサーリンク

好きだった役

1位 ハンナ(メリーウィドゥ)

ゆうみちゃんの一番は、私にはハンナです。真っかなドレスとツバの広い帽子がすっごく素敵で!

とてもきれいでした。美しかった。確か東京公演の千秋楽で、北翔海莉さんの挨拶を聞いて涙をいっぱい浮かべていたゆうみちゃんが印象に残っています。

歌も鼻から抜けるように伸びやかで、お話も面白くて。ツンケンしたゆうみちゃんが可愛かったです♪

この押して押して押すヒロインが、大好きでした♬

2位 イヴォンヌ(ケイレブハント)

等身大の現代女性で、新鮮でした。普通にいそうなカップルが素敵でした。ハードボイルドでも、ちぎちゃんとのラブラブがたまらなくきゅんとしました。良いお話でした。髪型も可愛かった♡

3位 聡子(春の雪)

華族のお嬢様で、まだ下級生の頃。芝居心があるな~、私がゆうみちゃんを知った頃です。原作はマンガで読んだのですが、聡子そのものでした。初々しく、悲しく。

年下の好きな男の子にちょっといじわるしてみる、気づいてほしい微妙なやりとりも繊細に演じていました。

みりおさんとの並び、美しすぎました!

4位 アントワネット(ルパン3世)

お披露目公演でルパンだから、不二子ちゃん?と思いましたが、華のあるアントワネットで、人間味もありました。深刻に描かれてないテレビ風がよかったです。

ルパンに悩みを打ち明けたりするのが、ベルばらとは違った書き方をされているアントワネット。クリーム色のドレスも、アンティーク感あり素敵でした。

5位  泉(星逢一夜)

けなげな泉。そこが可愛かったです。個人的には、晴興ともっと深く好き合っていた、ような場面がもっとほしかったのですが、「引くヒロイン」を苦しそうに演じて、この話好きなんですが、苦しかったです。

スポンサーリンク

まとめ

ディナーショー、写真集の発売、ゆうみちゃんのが見たかった。スカイステージでは「咲妃みゆサヨナラ特別番組」なるものは放送するようです。

舞台ではキリットして、普段は、ゆうみちゃんの喋り方は、ふわんとして可愛いです。

貴重な「幕末太陽傳」東京公演になります!!

ブログ村

お読みいただきありがとうございます♪
↓ポチッといただけると励みになります♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク