こっちのスカピンもすごい!! OG安蘭けいさん、石丸幹二さん、スカーレット・ピンパーネル再演

東京宝塚でトップお披露目公演、スカーレット・ピンパーネルが大盛況の中、こちらのスカピンも今秋、再演されることになりました!

昨年秋上演された石丸幹二さんとOG安蘭けいによる「スカーレット・ピンパーネル」です。私、去年はチケットが取れなかったので、今年はトライしたいです。

ただ、宝塚版とはだいぶ違うらしいです。小池先生演出ですのに。

    
石丸さんは

『スカーレット・ピンパーネル』に再び向き合います。音楽もストーリーもダイナミックな、まさに王道をゆくミュージカル。演じる者にとっては難易度が高いですが、だからこそ見応えは抜群です」

意気込み十分です。

スポンサーリンク

日程、会場

梅田芸術劇場

2017年11月13(月)~11月15日(水)

赤坂ACTシアター

2017年11月20(月)~12月5日(火)

キャスト

パーシー   石丸幹二

マルグリット 安蘭けい

ショーヴラン 石井一孝

ロベスピエール/プリンス・オブ・ウェールズ  上原理生

デュハースト 泉見洋平 

アルマン・サンジュスト    松下洸平

スポンサーリンク

まとめ

石丸版スカピンは昨年大盛況で売り切れ必至だったようですね。なんと言っても声量が半端ないですから。周りを固める役者さんも相当すごいです。

まず、ショーヴランの石井さん。

東宝帝劇の老舗ですが、声量も迫力の演技もどちらもすごすぎます。石井さんのショーヴランは、「レ・ミゼラブル」のジャベールのようだと思います。しつこくしつこくパーシーを追う。市民の反乱なのか、腐敗への粛清なのか、正常を脱した執拗さです。

そして、とうこさんのマルグリット。女優になってからお歌が、高音もとても伸びが良く聞きごたえがあります。

私が最も注目しているのは、すでに帝劇の老舗になりつつある上原理生さん。若手の頃から注目しています。最近は「1789」でも堂々たる演技で素晴らしいのです。スカーレットピンパーネルで革命政府ロベスピエールと、まさかのプリンス役です!実際対極化して、やりがいがあるのではないでしょうか。