宙組新人公演 「王妃の館」「VIVA FESTA」 評判上々

宙組新人公演「王妃の館」新人公演が上演されました。初主演の留依蒔世さん、おめでとうございます!!首席入団で6年目に初主演。実力派若手の多い宙組ではチャンスをつかむこと自体難しいでしょう。

緊張と不安を上回り、「王妃の館」新人公演、評判は上々なようですね。

留依さんは昨年「エリザベート―愛と死の輪舞―」の新公では、重厚感が必要とされる難役フランツ・ヨーゼフを熱演しました。その時も歌に定評がありました。

関西在住の友人が、初主演の留依さんの新人公演直後の感想を教えてくれました。総じて、全体のレベルが高かったとのことです。

スポンサーリンク

北白川右京(留依蒔世)

・留依蒔世さんってオオッ!って思う程歌上手い

・見ていて気持ちよかったです(о´∀`о)客席中楽しい笑いに包まれていました。

・練習期間短いのにパワーに驚きます。

桜井玲子(遥羽らら)

・ららちゃんメッチャ可愛くて、歌もお芝居も声が綺麗で惹かれました!

・お顔も小さくて小柄で将来、楽しみ!娘1候補です!

まとめ

レベルの高い新人公演とのことで、見応えがあったようです。「エリザトート」でトートが好評であった瑠風さんも、今回愛月さんの役、メッチャ似合ってましたらしいです。

愛人がいる成金???

終演後のあいさつでは涙した留依さん、自己採点は

「もっとできたと思うし、判定不能です」

だそうです。目標が高いですね~。素晴らしい。

また、

「役作りをもっと深く掘り下げないと。コメディーの難しさ、主演の重みをあらためて実感しました」

そうで、コメディーが本公演で回ってくるのはあまりないと思うので、今回はさらなる成長の鍵をつかんだと思います。

遥羽ららさんは、ヒロイン2度目で、

「前半が課題です。緊張に勝てませんでした」

とのこと。

ご自身の採点は低めなのですね。友人曰く、歌も芝居もよく娘1かも…なんて気持ちになったようです。

スポンサーリンク

主演留依蒔世さんについては、そもそも小説が原作だし、映画で水谷豊さんの強烈なインパクトがある天才小説家役を短期間で完成させるというのは、オリジナル作品より難しいのではないでしょうか。

留依さんの歌、聞いてみたいです!オオっ!てなるほどの歌唱力だそうなので、今後もショーなどで注目していきたいです。

髪型も、本役朝夏さんのようなストレートではなく、金髪で前髪がパーマがかかっている風貌でした。若手新進気鋭の小説家という感じでしょうか…工夫しています。

今回の新人公演では、入団2年目の鷹翔千空さんが、ルイ14世に抜てきされました。本公演2番手が演じている大役も、堂々とした立ち居振る舞いで、歌唱も見事にこなしたそうです。

東京公演も宙組ホープ達に期待です♬

ブログ村

お読みいただきありがとうございます♪
↓ポチッといただけると励みになります♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク