トップコンビの充実期 「邪馬台国の風」に見る花組

明日海さんがトップになって、充実期を迎えている花組。「邪馬台国の風」はゆきちゃんが娘役トップになって、コンビのカラーが変わった今にふさわしい作品と言えます。

今の花組は充実期に入っていると感じます。頼もしいトップ娘役を迎え、コンビ力としてなんの不安もないと見えます。

ポスター取りの黒髪、古代衣装のゆきちゃんを見たとき、和ものが似合うクラシカルな懐かしい感じの娘役さんだと改めて感じます。花でいうならキキョウやあやめのような和風が似合うような。

キャストボイスも徐々に発信され、期待が高まります。

斬って斬って斬りまくる!!格好良い殺陣と残忍なキキちゃんも観たい♡だんだんキキちゃんが大人の男になってきましたね。もっと黒い役も経験してくる日に備えてほしいです。。。

美穂圭子さんとマギーさんがご出演で、お声の張りがすごそうで…

宝塚ファンの方はフランス革命ならお詳しいと思います。が、“邪馬台国”や“卑弥呼”は資料が少なく、ベールに包まれた時代と中村先生もおっしゃっていますが、想像する自由のあるテーマは楽しみです。

「阿弖流為」と時代がわからなくなりますが、阿弖流為は平安初期、邪馬台国はそのずっと前なんですね。

スポンサーリンク

気になるキャスト

ヒミコ(仙名 彩世 )

トップ娘役お披露目公演でタイトルロールと同様な重みの女王ヒミコ。昔過ぎてか、伝説が多いからか、私には本当にいた方と思えないほど神秘的です。

マンガ「日本の歴史」では、鏡に映るヒミコは年を取っていないのです。不老なんです。ゆきちゃんだからこそ、ヒミコができるんですね。

花組は明日海さんの時代にになって、日本物が増えてきたので、これからあと1作くらいは町人か、侍か、貴族の日本物芝居を観たいです。幼いころに出逢った少年少女が次に出逢うときには手が届かないというのも女性心をくすぐります。

クコチヒコ(芹香 斗亜 )

古代も戦いの時代ですから、戦闘シーン、それも刀の立ち回りがみどころでしょう。日本の大半は刀での戦争ですが、古代衣装で剣のような刀を振りまわすであろうキキちゃんが観たい!

髪型も気になります。

ヒミクコ【狗奴王】(星条 海斗 )

花組は、ディナーショー以来ご縁がありますね。

このお話はたくさん王様が出てきますが、古代は小国がひしめいて争っていたと思います。明日海さんのいる狗奴国の王をマギーさん。王の中でも一番目立ちそう!!マギーさんが出演なさると締まるし、専科になられて、自由に魅力を発揮できるしやっぱりいいスパイスですよね。

スポンサーリンク

  奴王(瀬戸 かずや )

豪族の一人奴王のあきらさん。前回奴隷だったから、今回はお衣裳や飾りは派手かしら?花組って上級生の男役さん一人ひとりが色男だから、目移りしちゃいます!

あきらさん自身も様々な所で繰り広げられる立ち回りが多いとおっしゃっているので、やっぱり戦闘シーンがみどころなのね…古代は。

イサカ【邪馬台国の女兵士】(城妃 美伶 )

みれいちゃんには、以前からかっこよさを感じていました。前回公演までお姫様やお嬢様が続いたので、今回の男役ではないですが、女兵士、期待しちゃいます♪今回娘役は巫女が多く、その一人かなと思っていましたが、兵士役で個性が出そうですね。

まとめ

ショー『Santé!!』の振りもついて、昔元花組トップ安寿ミラさんが振付られている場面、かっこいいでしょうね♡

宝塚はやっぱり伝統ありきです!

ブログ村

お読みいただきありがとうございます♪
↓ポチッといただけると励みになります♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク