ボタニカルな魅力♪花組「ハンナのお花屋さん」 主要キャスト発表♪

 
 
「ハンナのお花屋さん」メインキャストが発表になりました。公演発表の際、よく読まず、てっきりお花屋さんはゆきちゃんで、「ハンナ」という花屋に来る男性といい仲になって…なんていう話かと思いました!
 
 
そして、このお話、ほのぼのとした日常が舞台のようです。
みりおさんがお花屋さんで、街角にそのようなお店があり、日常が穏やかな時を過ごせたら、それだけで幸せですね。
 
 
話題作、大作、悲恋、華やかなものは宝塚の舞台にハマります。しかし、そこにある恋愛は、疲れます。
 
ハートウォーミングなこのお話で、ひととき癒されたいです。植田景子先生の繊細な演出と、充実期な花組さんの、コメディでもなく、癒しの舞台、ぜひ観れますように♡♪
「クラシコイタリアーノ」で先生の作品のすばらしさにふれ、細かい心の描写に感動済です。今回も、とても期待しています♡♡
 
スポンサーリンク

 『ハンナのお花屋さん —Hanna’s Florist—』

 

 日程、会場

2017年10月9日(月)~

TBS赤坂ACTシアター公演

キャスト

クリス・ヨハンソン  明日海 りお 

’Hanna’s Florist’を営み、将来を期待されるデンマーク人の新進フラワーアーティスト

ミア・ベルコヴィッチ 仙名 彩世 

旧ユーゴスラビアのクロアチアから、内戦の傷跡が残る故国を離れ、新たな人生を
見つける為にロンドンにやってきた娘。

アベル・ヨハンソン  芹香 斗亜 

王室ともつながるデンマーク名門貴族の長男で、代々続く造船業の大会社を継ぐ。
第二次世界大戦後、リトアニアから逃れてきた移民の娘と愛し合い、クリスが生まれる。

スポンサーリンク

まとめ

花組のハートウォーミングなお話、待っていました♪

主要キャストの発表のみですが、時代が近現代で、環境もリアル世界なので感情移入しやすいと想像しています。

ゆきちゃんがヒロインになったことで、これまでと違う明日海さんの魅力が引き出せそうです。明日海さんの自然な包容力は、今まで拝見したことがないので、期待します。

キキちゃんがまさかの明日海さんのお父さん役?親の代にさかのぼって話が膨らむのでしょう。

自分の運命は何か?と言えばわかならいものですが、直近である親や、現在の周りにいる人々の影響で、自分の本来したかったことに気づいたり、進もうと決心するものですね。

この舞台で、気づきがみつかりますように。

ブログ村

お読みいただきありがとうございます♪
↓ポチッといただけると励みになります♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク