「ミュージカル李香蘭」にやっと巡りあえた

MKJ_mankainobotanohana-thumb-autox1500-13679

昭和三部作の一つ、「ミュージカル李香蘭」。これは実在した山口淑子さんのお話です。山口さんは日本人でありながら、お父上の中国人の友人である李氏から中国での名前をもらいます。日中戦争前まで李氏も親日派で香蘭父とお互いを尊重していました。香蘭も中国と日本の架け橋になれたらいいな、と思っていたようです。

スポンサーリンク

李香蘭というスター

李香蘭は満州映画協会(通称「満映」)の専属スターでした。映画や歌でヒット曲を出し、大人気だったようですね。それでも日本人であることを隠し中国人スターとしてふるまうことに疑問を感じていたようです。「夜来香」という歌が今聞いても華やかでレビューのようです。

時代は第二次世界大戦中です。満映でも軍事色が強くなります。しかしこれからが試練です。終戦を中国で迎えると、売国奴裁判がありました。売国奴とは、中国人でありながら、日本に加担した者です。しかし、李香蘭は日本人であるので、戸籍を取り寄せ、なんとか日本人であることを証明しました。中国で裁判には勝訴し帰国する際も、いったん足止めを食らい、収容され一筋縄ではいかなかったようです。大変苦労なさいました。

スポンサーリンク

日本に帰国

帰国後、山口淑子の名前で女優として数々の映画に出演され、また国会議員として活躍しました。

どのような気持ちで、女優として日本での数々の作品に出演されたのでしょう。中国での裁判時のいじめ、帰国道中、傷心だった思います。こんな言葉で綴るほど単純な痛みではなく、一生忘れることはできない、許すこともできないかもしれぬ痛みだと思います。戦争を知らないとは、そういう思いを知らないことだと思います。願わくばそのような気持ちは持たずに、生涯暮らしていきたいです。

願いはお互いの国が平和で仲良く関係を築くことだったと思います。両国の架け橋になろうとした少女が両国に利用され裏切られた。仕返しを考えるのでなく、両方の国を愛していたと思います。

以下参考までに本が出ていました。↓

李香蘭 私の半生

ブログ村

お読みいただきありがとうございます♪
↓ポチッといただけると励みになります♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク