MY宝塚クロニクル2016 

2016年MYクロニクルと題し一年の宝塚観劇を振り返ってみました。今年は北翔海莉さん卒業で、個人的には一つの季節が終わった感じがあるのですが、今までも贔屓がいなくても宝塚は好きでしたので、全組まんべんなく楽しめたらと思っています。

劇団四季や東宝も合間に観に行ってますので、さまざまな刺激がありました。やっぱり宝塚が一番好きですから。

スポンサーリンク

1月 LOVE&DREAM

東京公演LOVE&DREAMでハッピー気分を盛り上げていただきました。B席とS席と2回行けましたが、Sの時は通路側だったので、かいちゃんとハイタッチ!!

お正月からラッキーでした。国際フォーラムは3階席でも、よく見えるので快適でした。

ディズニーランドに来たようなワクワクと、ダンスや衣装も宝塚と素晴らしく合ってましたね。初めて観るコラボ世界にときめきました。

2月 シェイクスピア、HOT EYES

これは珍しく東京公演でも一般発売で取れたんです。しかも発売してだいぶ経ってもSが取れてラッキーでした。

シェイクスピア作品ではなく、彼自身の話ということで興味を持ちました。トップコンビのしっとりした夫婦に、じんわり感動しました。想い合うことが大事という、夫婦のあり方を見た気分です。

HOT EYESはとにかくスパークリングなショーでした。真冬でしたが、超あったまった感じでした。主題歌CDも買いました~♪

3月は宝塚は行ってなかったです。

 

4月 るろうに剣心

この公演はあきらめていたのに、2日前くらいに取れた軌跡のチケットです。東京では超絶チケット難でした。

原作をよく知らなくても楽しめました!ちょっと男勝りな、ゆうみちゃんが袴姿も可愛くて。一番素敵だったのは、原作にはない、だいもんの加納惣三郎。アシンメトリーな髪型が素敵でした。これを機に私、ショートカットにしたくらいです!

5月、6月 こうもり

メリーウィドゥの時も感動しましたが、またオペレッタが聞けて幸せでした♪もう少しお芝居で、みっちゃんと風ちゃんのラブが濃くてもよかったのですが…

エンターテイナーは、こんなショーが観たかった!と思うショーでした。

みっちゃんもご自身がエンターテイナーだと改めて自覚された公演だったのではないでしょうか?ずっとエンターテイナーでありたいと、当時のお茶会で言っておられたので。

6月 ローマの休日

ちぎみゆコンビの雪組が大好きです!まれにみる名コンビだと思います。絵になるコンビだし、息もあっているし。一日だけの大人の恋、でも一生心に残る恋を素敵に演じていました。

このコンビだからこそできる舞台と思いました。月城かなとさんのマリオがおかしかった!

7月 ミー&マイガール

この公演もチケット難でした!色んな貸切に応募して1回だけ当選した公演でした。明日海ビルが声が結構かすれていたのを覚えています。風邪?お疲れ?

サリーの花乃ちゃんが見事でした!こういうパーンとしたヒロインが似合います。マリア公爵夫人のゆきちゃんも、うまかったです!

8月 NOBUNAGA

お芝居では龍さん信長のカリスマ性はわかりましたが、いまいちよくわからない作品でした。ショーがとても華やかで素敵でした。龍さんは豪華な衣装が本当によく似合う!

さよならにふさわしいキラキラしたショーでした。

9月 桜華に舞え

今年一番泣いた公演です。宝塚のスターが退団するってあっという間のことなんですね。どんなに大好きでも、宝塚では終わりがくる。

初めて大劇場でSS席で観れました!みっちゃんに呼ばれている気がして2回も東京から遠征した公演です。

ショーのロマンスもよかったですが、芝居が良すぎて薄まってます。でも、あの芝居にはこのショーでよかったのかな…クラシカルだし。

9月 仮面のロマネスク

再演ですが、初めて観た作品でした。作品への好き嫌いがあると思います。が、私は好きでした!なんだか、多くのことを知り、考えた作品でした。

仮面をかぶっていたとしても、最後は結局、自分の気持ちに素直になるしかない、仮面をかぶったままで平気なほど、人は恋に強くないと思いました。

メルトゥイユの衣装が素晴らしかったです。きれいだな~と思いました。

9月 エリザベート

これもようやく1週間前に入手したチケットでした。今年は諦めていると直前で購入できた公演が多かったです。

まず、トート閣下がさっぱりした印象でした。今までのトートより透明なイメージでした。

エリザベートも今までで一番素敵でした。一女性の苦悩、喜びを感じました。ミリオンはきれいなだけでなく、心ある芝居をします。トップ娘役の中でも芝居が際立ってうまいです。

スポンサーリンク

10月 アーサー王伝説

この話はちょっと好みではなかったんです…

王妃の不倫だけが記憶に残ってしまい。もっと題材なかったの?と思っていました。ロック調で、かっこいいダンスと、男らしい鎧は似合っていた新トップ、たまきちさん。

みやちゃんの女役はインパクトありました。

11月 桜華に舞え

東京公演は無理かな…と思っていましたが、貸切公演に当選。本当にラッキーでした。しかし、当日、ショーの最終に一旦幕が降り、中断したのです!そんなハプニング初めてで20~30分休演後、再開。

ロックンロールの場面でアドリブで紅さん達が「待っていてくれてありがとう~」なんて粋なコメントを。

終演後、みっちゃんからお詫びが。スタッフさんやオケさんを気遣うコメント、お客様を大事にしてるご挨拶、ご自身のさよなら公演だからと、おごることない態度に感動しました!

12月 双頭の鷲

モノトーンの世界で、シンプルかつ研ぎ澄まされた舞台でした。セリフ量が膨大で、ストレートプレイの宝塚を久しぶりに観ました。

悲しみと失意を10年も秘めて生きている難しい王妃役を、ミリオンは静かに、でも存在感ありげに演じました。轟さんもスタニスラスという難しい主人公を、王妃に出会って変わった男として作りました。王妃を愛した、自分と似ている何かを感じた、そんな難しい心理を2階席まで、ビシビシ伝わりました。歌は圧巻でした。とうていすぐ理解できない深い世界観でした。

12月 ケイレブハント

最高のクリスマスプレゼントでした!2回観に行き、すべて自力で取れませんでしたが、周囲のお世話になって、公演観に行けるんだわ~、と感じます。

東京はどうしてこんなにチケット取れないの?

このお芝居は日常にありそうなシチュエーションがあり、そうそう!と思うことばかり。そして、から回る恋も見どころ。

やっぱり最後はハッピーエンドでいいです。

ショーが素敵すぎます!このショーを好きな方、たくさんいますよね。観劇納めはクリスマスのショーと粋なお芝居で夢見心地でした。

まとめ

今年好きだった公演のDVDを何本か購入しました♪ぜひ思い出にいかがでしょうか?

ブログ村

お読みいただきありがとうございます♪
↓ポチッといただけると励みになります♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク