一番印象に残っているのは…この役!雪組「幕末太陽傳」 感想 

幕末太陽傳、味があって面白かったな~。一度で観きれないと思いましたがチケット取れませんでしたので、DVD購入しました。何度も観るならこれは絶対買い!♡ 

『幕末太陽傳』~歴史のトビラをたたく~落語、品川宿を探して!
今週末に初日を迎える『幕末太陽傳』『Dramatic “S”!』、大劇場はほぼ全日程満席です。 そんな中、初舞台103期生に怪我のため...

さて、主要キャスト以外の全体的な感想を記載させていただきます。

スポンサーリンク

気になった役 感想

相模屋伝兵衛(奏乃 はると)

一般的な文献を読むと妓楼主はやり手です。商売にシビアで、ちょっとでも損をさせられたと思うと奉行所に訴えたり。奏乃さんは作品の雰囲気を壊さず、ちょっとおとぼけな役作りでした。

徳三郎(彩風咲奈)

妓楼のボンボンで、両親にはひねくれ者。おひさには本心を出している味のある役作りです。さきちゃんは、青天の似合ういい男役になってきましたね~。祭の場面、はつらつとして素敵でした。

おひさ(真彩希帆)

妓楼では女郎以外にも働いてる人々がいる、の代表です。黄色い着物が町娘な感じで可愛かったです。

まあやちゃんは、日本物もいけますよね。そして、お化粧もよくなった。

高音でも通って聞きやすいきれいな声で好きです。若旦那をほのかに好きなのも好感持てます。高瀬舟で祝言をあげなら駆け落ちしてるんですよね?!

金造(鳳翔 大 )

金ちゃん!短い場面でありながら見事に印象付ました。

大ちゃんは、これまでもマフィアなのに3枚目などちょっと面白い、が似合うのでしょうか。私は大ちゃんの抜群のスタイルと都会的なイメージが好きでした。

最後に桶に入って幽霊って…

大うけ!大ちゃんの宝塚お茶会も「おばけ」な感じのウェルカムボードでした。ご自分を冷静に見届けつつ、宝塚愛も大きな大ちゃん、今まで本当にありがとうです♡

杢兵衛(汝鳥 伶 )、倉造(悠真 倫 )

私が一番印象的なのが、杢兵衛さんです!

専科の方がお出になるとお話が引き締まりますね。ゆうちゃんさん、短い登場の中で、存在自体が温かいです!

特にゆうちゃんさんの、ゆったりまったりした話し方、とても好きです。いらっしゃるだけで、ゆうちゃんさんが出ているだけで、この公演が好きです。

まりんさんは、だいたい声張り上げて騒ぐギャンギャン系担当で、良い役者さんですよね~。

おくま(舞咲 りん)

文献的に、やり手婆は、女郎あがりの年季が明けた方がなったそうです。妓楼主は絶対的な信頼を置いていたらしいです。

多少の騒動では動じない、肝が据わった役作りは想定通りです。

眉毛をつぶしてるのも、当時を参考にしたのでしょうか?

スポンサーリンク

志道聞多(煌羽 レオ )

維新の武士仲間でも、ひときわ目立っていました。ポニーテールが長いから?芝居してる表情がオーバーぎみだから?

 若衆喜助(真地 佑果)

真地さん、頑張っているなと思います。「銀二貫」の時に感じましたが、金の亡者的な雰囲気、商人が似合ってますー。かっこいいのか三枚目か路線がわかならいですが、芝居心はありますね。

ブログ村

お読みいただきありがとうございます♪
↓ポチッといただけると励みになります♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク