天使にラブソングを~シスターアクト、感想、蘭寿とむさん最高!

mainpage_moving2

「天使にラブソングを」観てまいりました!!もう、最っ高に楽しかったです!この日はもちろん蘭寿とむさん主演!まゆさん(蘭寿さん)観たさに行きました。

花組トップスター時代に「CONGA」という大好きなショーがありましたが、あの黒塗りを思い出しました。今回も褐色の肌がよくお似合いです。

劇場入りしチケットもぎられる際、光の棒(ケミカルライト)をもらえます。これでアンコールはノリノリ!!

天使にラブソングを~まもなく開幕
「天使にラブソングを~シアター・アクト」が5月22(日)帝国劇場にて開幕します。映画大ヒット映画「天使にラブソングを」のミュージカル化です。...
スポンサーリンク

観劇日の主要キャスト

デロリス(クラブの歌手)   蘭寿とむ

エディ(デロリスの幼馴染)  石井一孝

カーティス(デロリスの愛人) 石川禅

修道院長           鳳蘭

オハラ神父          今井清隆

デロリス(蘭寿とむ)

登場の衣装がミニスカートに紫色ブーツ!そのスタイルの良さと言ったらすごいです。長身で細身で「スターを夢見るデロリス」ではなく既にスター!!ですからかなり、映画とのギャップを感じます。スター過ぎて。

さすが、見た目がとても華やかで元トップのオーラを感じます。ウーピー・ゴールバークというよりアンジェリーナ・ジョリー風?

黒塗りがとてもよくお似合いで、相変わらず美しかったです!

歌もジャズやミラーボール回るディスコ調ですので、地声でいけてました。高いキーを出すのはほとんどなかったです。

ダンス!!まゆさんのダンスは宝塚時代から素晴らしかったですね~。今回もかっこ良すぎて、キレキレのダンスでした。現役宝塚でできるんじゃない?というショーガールでした。

尼さん姿もキュートでした。パジャマ姿もあり、これもスタイルよさが際立ってました。

自分の可能性を信じて、歌で成功をつかもうとする姿、修道女たちとの間に芽生えた友情、自分を本当に大切にしてくれる人を見つけた、そんな自分の変化の物語でもあります。

コメディではありますが、「夢をあきらめない」そんなテーマをデロリスから感じました。

フレッシュにキュートに演じていらっしゃいました。

エディ(石井一孝)

「汗っかきエディ」超笑えます。石井一孝さんの三枚目って初めて観ました。ちょっとドジなでも真面目な警察官です。デロリスの同級生で昔から彼女に憧れていて、再会したとたん命の保護をするという、デロリスにとっては命の恩人です。いつも遠くから見守ってくれる真の優しさを感じる男性像です。

エディが劇中劇でジョン・トラボルタ風に踊るのですが、1970年代風のディスコらしく?ダンスがイケてました。当時のダンスフロアって面白そうですね。そういう社交場?行ってみたかったな~。

いつもドジなエディですが、終盤デロリスがマフィアで愛人のカーチスに撃たれそうになったとき、助けます。その時、愛?が芽生えたかもしれません。初めてかっこいい瞬間でした。

修道院長(鳳蘭)

今回特筆すべきは、元宝塚トップスターの鳳蘭さま。

圧倒的存在感です。古い教会の古い伝統を守っている修道女の長です。派手な歌手デロリスの存在が気に食わないです。映画よりデフォルトされて面白かったです。教会が有名になっていく中、一人反対し、今まで通り古臭い方法をとります。

しかし最後はデロリスが真の修道女になっていくのを目の当たりにし、院長も心が雪解けしていきます。

悪いことばかりではなく、共存し合える、分かり合える、院長にはそんなテーマを感じました。

蘭寿さんと二人で並び、歌う場面は元トップスター同士のパワーを感じました。宝塚って素敵です。同じ時代ではない大先輩と共演し、絵がとてもゴージャスです。

院長の言葉、ほぐれていく心に涙がポロっときました。

スポンサーリンク

まとめ

森公美子さんバージョンは観ていませんが、また蘭寿さんで観たいです。この作品はまゆさんの絶対代表作になると思います!

修道女たちのキラキラの衣装、70年代の香り漂う素敵な舞台です。

まだ、残席がある日もございますので、ぜひ観にいらしてください。

6月22日千秋楽です。

映画はこちら↓

天使にラブ・ソングを・・・(吹替版)

ブログ村

お読みいただきありがとうございます♪
↓ポチッといただけると励みになります♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク