ヨセフと不思議なテクニカラー・ドリームコート 明日開幕

The Second National Tour of Joseph and the Amazing Technicolor Dreamcoat

The Second National Tour of Joseph and the Amazing Technicolor Dreamcoat

 

スポンサーリンク

日本初上陸!夢と希望がいっぱいの爽快ミュージカル

渋谷ヒカリエの東急シアターオーブで来日ミュージカル『ヨセフと不思議なテクニカラー・ドリームコート』。ミュージカルの神様による音楽、夢と絆のサクセス物語、心の中が虹色で彩られるひと時を。

トニー賞7冠、英米で2万回以上の上演を誇る人気ミュージカルが、この夏ついに新演出にて初上陸! 美しい音楽、「夢がかなう」という強いメッセージで彩られるステージです。

『キャッツ』『オペラ座の怪人』の作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバーの原点作品

1967年、20歳の学生だったロイド=ウェバーが初めて商業用に作った原点的作品。
しかも、後に『ライオンキング』『アラジン』の作詞家となるティム・ライスと初めてコンビを組んだ記念すべき作品でもあります。
色とりどりのロイド=ウェバー音楽が宝石箱のように詰まった作品です。
 

公演日程

2016/7/13(水)~7/24(日)

※生演奏/英語上演/日本語字幕あり

2016年
7月
13
(水)
14
(木)
15
(金)
16
(土)
17
(日)
18
(月)
19
(火)
20
(水)
21
(木)
22
(金)
23
(土)
24
(日)
12:30      
      貸切
13:30            
17:30                  
19:00          
 
 

スタッフ

作曲:アンドリュー・ロイド=ウェバー
作詞:ティム・ライス
演出・振付:アンディ・ブランケンビューラー

会場

東急シアターオーブ(渋谷ヒカリエ11階)

スポンサーリンク

ストーリー

旧約聖書「創世記」よりヨセフの物語。
ヤコブの12人の息子の中で、最も愛されたヨセフだけが父からもらったカラフルなコート(=テクニカラー・ドリームコート)。

しかし、それが原因で兄弟間の妬みが高じ、兄達の企みでヨセフは奴隷として売られてしまう。図らずも人生の旅に出ることになったヨセフは、時に苦難に見舞われながらも、自らの力で道を切り開き、夢を追っていく。

やがて努力は報われ、成功したヨセフと、自分につらくあたった兄達との思わぬ再会の日がやってくる。有力者となった自分に気づかぬ兄達に、ヨセフは愛のある行動に出る…。

まとめ

アンドリュー・ロイド=ウェバーの曲が素晴らしいことは多くの人が知っています。
「ジーザス・クライスト=スーパースター」、「ザ・ミュージック・オブ・ザ・ナイト」(オペラの座の怪人)「オール・アイ・アスク・オブ・ユー」(オペラ座の怪人)、「アイーダ」など、数々の大ヒットを飛ばしてきました。
 
しかし、ミュージカル音楽の王様でありながら「ヨセフと不思議なテクニカラーのドリームコート」は「オペラの怪人」より「アイーダ」より、あまり知られていないのではないでしょうか。
 
ぜひ、現代のモーツアルトと称されたロイド=ウェバーの初期の音楽をこの夏、鑑賞されてはいかがでしょうか?
 
ブログ村

お読みいただきありがとうございます♪
↓ポチッといただけると励みになります♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク