1789バスチーユの恋人たち~感想

1789_flier_3

千秋楽間近の1789を観てまいりました。

お芝居、ダンス、歌、全部がすばらしい。すごいです!!!宝塚版を観ていなかったのですが、とても楽しめました!!ロックミュージカルはその熱さがビシビシと伝わります。観終わったあと、脱力するほど激しく駆け抜けた感じです。

自分の一生を激しく生き抜く情熱と言いましょうか。それぞれ熱をもって生きているのが伝わりました。前回の記事はこちらです。

宝塚版はこちら↓

『1789―バスティーユの恋人たち―』月組宝塚大劇場公演ライブCD

スポンサーリンク

感想

ロナン

本日、加藤和樹さん。小池徹平くんより大人びているロナンです。飢えている農民の心の悲しみの叫びを全身で表現しています。荒くれた感じ、人を疑うところ、攻撃的なところ、全部が第3身分の人々を代弁しているような魂の演技でした。

劣悪な状況の中、恋してしまう熱さ、どうしようもない中で苦しみと喜びを知る人間的なロナン。思想を知り、人間の尊厳を守ることの大切さを知ります。

加藤さんは、お顔もワイルドで荒くれた部分と、オランプに夢中なところ、すばらしかったです!

オランプ

本日、神田沙也加さん。ただただ可愛い!

声もお顔も物腰も、とてもチャーミングな女優さんです。可愛いオランプちゃん、しっかり者です。王妃の信頼を得ていますし、アルトワ伯爵からの執拗な求愛もはねのけています。

ロナンのためなら、命も賭ける情熱的な女性です。ロナンを一途に想う姿に心打たれます。

アントワネット

本日は凰稀かなめさんでした!もう~美しすぎます。

かなめさんは日本人的なお顔ではないので、輪っかのドレスがとてもお似合いでフランス人形のようでした。アントワネットは仮面舞踏会から出番ですが、蝶や花をモチーフにした舞踏会です。その絢爛豪華なこと!

フェルゼンとの蜜月から別れに至るまでの心情変化もよくわかりました。アントワネットは、気付けなかっただけだと思うのです、王妃としての役割を。長い間気付けず、わかったときは

死ぬ時だった、そんな気がします。美しくも儚く散ったバラに、かなめさんは適役でした。圧倒的な華があります。

ロベスピエール

古川雄大さん、昨年「エリザベート」のルドルフを拝見して以来の観劇です。ジャニーズの方かと思っていましたが、ミュージカル俳優さんなんですね。

甘いマスクと長身で、なんとかっこいい!革命家を先導する狂気みたいなものを感じたかったですが、終始かっこいいのでした。

ロベスピエールの衣装はブルー×茶色ですがジャケットの飾りがジッパーをたくさん組み合わせたものでした。

ダントン

上原理生さん。この方最近超売れっ子です。レ・ミゼラブルのアンジョルラス役の常連です。革命家で一番目を引いたのはダントンです。上原理央さんの持ち味に合っています。

熱くなるタイプ。豪快で面倒見のよいダントン。2幕冒頭、切れの良いダンスと大合唱で、この作品の市民が主役をよく表現しています。

上原さんの良さは、目力が強い。上原さんの大きい演技で広い帝劇もちょうどいいほど埋まる。歌も最高にうまいです。低めの声が素敵すぎます。

ペイロール伯爵

岡幸二郎さん。重鎮が脇を固めてくれます。岡さん、最高です!!ミスサイゴンなど、昔から岡さんのファンでしたが、ペイロールのような悪役もキメてくれます。

理不尽なひどい貴族ですが、まじめに王に仕えている身では、民衆を力で押さえつけるのは致し方ないかもしれません。

ラマール伯爵

坂元健児さん。秘密警察でありながら、コミカルな演技でした。オネエ風というか。登場が仮面舞踏会ですが、仮装が最高!てんとう虫です!しかも女装したてんとう虫。

オランプちゃんを好きなのですが、から回っていて面白いです。

シリアスな1789の物語の一服の清涼剤です。

スポンサーリンク

まとめ

フランス革命は「ベルサイユのばら」でしか知りませんでした。貴族側の世界だけしか知りませんでした。1789は市民の目線で描いた作品です。

舞台ですから貴族の華やかさも演出としてありました。

しかし見どころは市民の怒り、悲しみ、苦痛をロックで激しく、ダイレクトに伝えているところです。理不尽さに立ち向かって、新たな時代を開いていくロナン達。

オランプは王妃に仕え、ロナンとは対立する立場でしたが、ロナンを諦めることはできません。ロナンもまた、オランプに惹かれています。相容れない立場であっても、急速に求めあい恋を諦められない恋人たち。

王妃かロナンか。そんな苦しい選択を迫られたとき、選ぶのは愛しい人です。それもまた、人間的だと思います。

容赦なく革命は迫ります。バスチーユの門が開場した途端、ロナンは撃たれて死んでしまう。こんなに早く、お別れなんて、人生ってなんだろうと思います。

「次の時代を生きろ」と死に際オランプに言い残すロナン。

この二人にもっと時間を、と思いました。

感動が凝縮した1789。ぜひ再演、再再演があることを願います。

今後のスケジュール

大阪公演

5月21日(土)~6月5日(日)

梅田芸術劇場メインホールにて

ブログ村

お読みいただきありがとうございます♪
↓ポチッといただけると励みになります♡

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク